2008年01月31日

かぜっぴき

娘のクラスが学級閉鎖となりました。。。
ついに、、、という感じです。以前から今日のお休みは○人、○人と学校から帰れば話していたので。今年の冬は我が家も含め本当風邪引きさんが多いような気がします。早くみんなが元気になって学校に通えますようにと願うばかりです。

今月も今日で終わりですね。
今朝は幼年誌の発売だったので、がんばって早起きしました。寒かった〜。おまけに卸先ス−パ−の棚卸しもあったので、時間との戦いでした。どうでもいいけど、一分間でいったい何冊付録付けを完成させられるだろうか・・・などと思いながら、そんな時は何かの大会にでも出ている気分なのです。店長には勝つ自信がありますよ。

バレンタインが近いせいで、雑誌の特集はショコラ、ショコラ・・・。どれもこれもおいしそうなショコラの祭典です。
「東京ショコラブック」にはたくさんのお店が紹介されています。ちょっと自分用に食べたい、そんな衝動にかられます。大切な人へ、または自分用に、お取り寄せしてみるのも楽しいでしょうね。

ショコラブック.jpg


2月のイベントの内容が固まってきました。あの「おいしい週末」再び登場です!お楽しみに!
2月24日(日)開催予定です。








posted by artos at 19:55| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

コ−ヒ−教室

コ−ヒ−教室、昨日無事終了しました!本当に今回は無事、というところを強調したいです。。。何故なら今回は「基本編」ということで、7回目の教室にして初めて、お一人ずつに淹れて頂くことを前提とした実践重視だったから。そのためにお湯を十分に用意すること、やけどなどの事故がないようにすること、時間配分に気をつけること、などなど。打ち合わせはしたものの、実際はどんな風に進行できるだろうかとちょっと心配だったのです。

講師はおなじみ、カフェVITAのバリスタ門脇裕二さんでした。
まず初めに、ドリッパ−やサ−バ−について説明がありました。今回は各自普段使っている物をご持参頂きましたので、同じドリッパ−でも様々でした。基本となるコ−ヒ−豆の鮮度についても教えて頂き、その後、先生のデモンストレ−ションを見て頂きました。
話聞く.jpg 画像 079.jpg

その後はいよいよみなさんの実践タイム。お湯を注ぐ時の力の入れ方、回し方、タイミングなどがとても難しい様子でした。見ているのとやってみるのとでは違うのでしょうね、いろんな声が飛び交っておりました。
淹れてみる.jpg また淹れる.jpg

淹れては飲んで、お隣さんのも飲んでみたりしながら、各自3回淹れて頂いて、最後に上手く淹れられたコ−ヒ−でVITAさんのとってもおいしい期間限定のモンブランを召し上がって頂きました。
ケ−キと.jpg 画像 090.jpg 

同じ量のコ−ヒ−を淹れても淹れ方によってお豆の蒸らし方が変わるので、フィルタ−に残る形もさまざま。今回もコ−ヒ−の奥深さをしみじみと感じました。コ−ヒ−メ−カ−も確実な抽出方法で淹れてくれるので、いいですよとのことでしたが、やっぱり心穏やかに手入れをすると味がまるくなるような気がします。たとえ気持ちの問題だとしてもそこが実は一番大事だったりして・・・と思うのです。
蒸らし.jpg ちえさん本.jpg

今回は中川ちえさんの「おいしいコ−ヒ−をいれるために」の本をご紹介させて頂きました。アルトスの定番商品ですので、店頭にも置いてます。興味のある方はまた機会があればご覧下さい。

ご参加頂いたみなさん、門脇さん、どうもありがとうございました!





posted by artos at 15:10| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

雪の日

厳しい寒さが続きますね。雪がちらちら降ってます。
そんな寒さの中、今日は午前中娘の授業参観があり、学校へ行ってきました。授業は体育、、、つまりは教室ではなく、体育館での参観なわけです。もちろんぬくぬくスリッパを持参しましたが、それでも足の先がき−んと冷たくなりました。子供たちは準備運動の縄跳びの後に、リレ−、ドッチボ−ルを見せてくれました。リレ−の課題はバトンの渡し方。受け取る人も少し走って受け取るやり方を学んでいるようでした。まだまだすんなりバトンはできない様子でゴタゴタしてましたが、それを見るのもなかなか面白かったです。それにしても小学校生活の半分が終わろうとしていますが、子供たちが随分と大きくなって成長したよなぁと感慨深いものがありました。

午後からは初めて来店して下さったお客様があって、面白い面白いと声に出して、各棚を行ったり来たり。ご主人のツボにはまる物もあったようで、それぞれに一冊選んで下さいました。夫婦で好きな物を見つけてもらえるのは、店側としてはとても嬉しいことです。選ばれた一冊でどれだけ楽しんでもらえるだろうか・・・。本棚に仲間入りするその人にとっての新しい本の行方を想ったりします。

そして、今日は毎回楽しみにしている「暮らしの手帖」が入荷しました。おいしそうな長尾さんのス−プレシピがいくつも掲載されています。冬はやっぱりス−プですね〜。早速どれか作ってみたくなりました。。。


ライブのチケット、毎日色々な方にお求め頂いてます。年齢層もさまざまです。本当に音楽は年齢男女問わずの世界だなぁ・・・と感じます。まだチケットはございますので、お友達と大切な人とまたは親子でぜひお出掛け下さい!少し早いバレンタインデ−のプレゼントなんてのもいかがでしょうか。ちょっと強引ですかね〜?!

雪の日.jpg




posted by artos at 23:00| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

黄昏サンバ

ライブに向けて細々と営業活動を始めております。
いつもお世話になっているショップへちらしを置かせて頂いたり、店頭でもガンガン日野さんのアルバム「黄昏サンバ」をかけてます。
CDも到着しておりますので、一度聴いてみたいと思われる方はぜひ!サンバとタイトルにありますが、とても心地いいです。すごく爽やかなと言いますか、歌声が優しい感じです。楽しくてせつなくて、そんな音楽がきっと寒い冬に心に響くこと間違いなし!ですよっ。
バックにウッドベ−スとフル−トの演奏もあるんだとか?!狭いスペ−スですが、本に囲まれた空間でちょっと贅沢な一時をご一緒にどうぞ。

チケットは店頭にて発売中ですが、遠方の方はメ−ルでのお申し込みも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。
artos@ms3.megaegg.ne.jpまで

CDも色々と入荷しています。欠品中でしたハンバ−トのアルバム全タイトル再入荷しています。arhordionの二枚目のアルバムも入荷しました。クリスマスアルバムは大人気でしたが、こちらもかなりおすすめの一枚です。

平松洋子さんの新刊「おとなの味」入荷しました!
平松さんの文章はテンポがあって好きです。そして、くいしんぼうな私は読まずにはいられないものが多かったりします。
これもまた、読む前からお腹がすいてきそうな、ボリュ−ムのある一冊です。
子供のころ食べられなかったものが、大人になってから食べられるようになって好きになったり、大人になってからわかる味ってあるような・・・。

平松洋子.jpg セツロ−.jpg

写真右はアノニマスタジオからの新刊「セツロ−のものつくり」 
「クロワッサン」や「心地よい道具と暮らしたい。」などで作品をご存知の方も多いはず。七十八歳の作家、小野セツローさんの初めての作品集です。セツロ−さんの手によって作られる、手仕事の素朴さや愛おしさが感じられる一冊です。

先週末は娘から風邪(腸感冒)をもらって、珍しく寝込んだりしましたが、なんとか復活しました。土曜日の午後から調子が悪くなり、病院へ行こうと思ったのですが、何年も内科へかかったことがなく、どこの病院へ行こうかと悩みました。土曜日の午後は休診が多くて、三軒目にやっとたどり着いた病院へとりあえず駆け込んだのですが、待合室には誰もいなくて、先生も髪の毛がぐしゃぐしゃでマンガに出てくるような人でした。薬もこれだけ?みたいな感じで、抗生剤はいらないの??ってな感じで不思議な病院でした、、、。

まだまだ寒い日が続きますので、みなさんも風邪ひかれませんように。










posted by artos at 15:06| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

つぶつぶ

自然食レストランとかマクロビとか最近特に耳にします。テレビやちらしでもや○やの発芽十六雑穀をこれでもかってくらい宣伝してますね。「つぶつぶ」なんていう雑穀料理専門誌まであるからびっくりです。
アルトスでもマクロビ系のレシピ本はとても人気があります。みなさんが興味をもっておられる証拠だと思います。

今日ご紹介するのは、日本の伝統食、雑穀に「つぶつぶ」という愛称をつけて数々のレシピを創作しておられる大谷ゆみこさんのつぶつぶシリ−ズです。彼女はとても精力的に食の理論と料理術について提唱し続けてセミナ−活動をされている方のようです。なんでも、間違った自然食が原因でエコロジストを自認していた友人が30歳で亡くなった衝撃が活動のきっかけなんだそう。

私たちが住む山陰は有難いことに自然豊かな場所です。徹底的にこだわらなくても実は自然に取り入れているような気もしますが・・・。それでも少し意識して向き合ってみると、色々な事がみえてくるかもしれません。自分の身体のこと、家族の健康、環境問題等々。

おかずやデザ−トにまで取り入れてみる方法もたくさんあるようです。シリ−ズでたくさんありますが、どれもとてもわかり易く解説されています。ちょこっと雑穀生活いかがでしょう。

今、私の口の横にはつぶではなくぶつが出ています。
昔の栄養失調の子供みたいと言われてしまいました。。。
乾くと口を開ける時痛いです。早く治るといいなぁ。

つぶつぶ.jpg ゆず.jpg

右の写真は中村成子先生の柚子のレシピ本。
この冬もあいかわらずの人気商品です。種を使って作る化粧水の作り方も掲載されていて、実用的ですよ。柚子がたくさんあってお困りの方はぜひ。

先日、実家の母の知り合いから頂いた、もち米と柚子の煮た物を混ぜた「柚子がゆ」なんていう物を食べさせてもらったのですが、これがおいしかったです。生まれて初めて食べたのですが、地域によってはこの時季はよく食べるのだとか?お酒だけで炊いたもち米がもっちりとしていて、甘く炊いた柚子にとてもよくあっていました。和菓子のようなお茶請けのような珍しいものでしたが、時々思い出して食べたくなります。

突然ですが、店長日記にもありましたが店内ライブを開催する事になりました。日野良一さんの1stアルバム発売記念のツア−ライブです。店内でのライブは一昨年のハンバ−トのライブが初めてだったので、2回目になります。準備期間もあまりないので、出来る範囲でと思っていますが、せっかくなので狭い店内ですが、みなさんと一緒に楽しめたらと思っています。日野さん初松江ライブのようですので、いい思い出になることを願って。Newsに詳細を近日中にアップしますので、興味のある方はぜひ!チケットはアルトス店頭でお求め下さい。

日野 良一 LIVE

2月5日(火)open 18:30 start 19:00
artos Book Storeにて



posted by artos at 15:32| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

月兎

返品作業も一段落ついたところで、東京から従弟が来松。あいにくの天気だったけど、一緒にお買い物に行ったり、子供同士は仲良く遊んだり束の間の時を過ごしました。日曜日には大荒れの中、出雲大社にお参りに出掛けました。大社の寒さは半端じゃなかったです。本当に冷たくて、今年一番の寒さを体感したかもしれません。でもみぞれの降る大社は風情があって、素敵でした。渋滞に巻き込まれて、たどり着くまでに疲れたけど、やっぱりお参りできてよかった〜。

コ−ヒ−教室にお申し込み頂いたみなさんありがとうございました。
ご案内にもありますが、今回はご自分で普段から使われている物をご持参頂くような形を取ることにしました。いつもの道具を使って最大限においしいコ−ヒ−が入れられるように、アドバイスを受けながら教えて頂きたいと思います。ドリッパ−をお持ちでない方はお貸しすることも可能ですが、お湯を注ぐポットの数が少ない為、やかんでも結構ですので、お持ち頂くと助かります。

そして、とてもタイミングよくコ−ヒ−ポットを仕入れることができました!みなさんよくご存知の月兎印のコ−ヒ−ポットです。(業界ではゲットと言います)
野田琺瑯製で職人さんが一つ一つ丁寧に作られている息の長い商品です。持ち手がしっくりと馴染んでくるので、使うたびに愛着が湧いてきます。以前からずっと取り扱いたいと願っていただけに、店頭に並んでいるのが嬉しくて、何度もチラチラ見ています。
サイズは1.2リットルですので、3〜4人用にぴったりだと思います。一番使いやすいサイズではないでしょうか。色は白と茶の2色。コ−ヒ−のおいしい季節はまだまだ続きます。お気に入りのポットでおいしいコ−ヒ−をぜひ!

ゲット.jpg ヒンメリ (1).jpg

写真右の左の本「ヒンメリ」はnoninokoとして活動されている造形作家のおおくぼともこさんの新刊です。「ヒンメリ」とは、藁で作った多面体の飾りを繋げたモビールのことで、フィンランドで生まれた伝統装飾です。本書ではヒンメリの基本パターンと、20作品の制作方法を解説。難しそうに見えても基本の作り方を知れば意外と簡単に作れるのだそう。お家の中で灯りや風によっていろんな表情に変わる、素朴だけど、モダンなモビール「ヒンメリ」の世界を覗いてみませんか。切り紙で作るモビ−ルの本もあわせてどうぞ。



 

posted by artos at 17:05| 島根 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

D&D

しばらくいいお天気が続きましたが、どうやら今夜あたりからまた崩れるようですね。また雪が降るのだろうか・・・。
今日から東京に住む従弟が家族を連れて初めて松江にやって来るというのに、ちょっと残念。

この冬はどうしたものかとにかく野菜をたくさん頂きます。大根・白菜・かぶ・里芋・・・・なんか煮物やお鍋が続いてしまいがちです。
というわけで、昨日は久しぶりに餃子を作りました。我が家の餃子に定番はありません。その時の季節の野菜をたくさん入れます。夏はにらが多いかなぁ。昨日は白菜とキャベツとねぎを入れました。皮は市販の物を使いますが、近所のス−パ−に売っている皮がおいしい!焼き上がりが全然違います。もちっとしていてつるっとしていて、皮のお陰もあっておいしゅうございました。ちなみに頂き物の石垣島ラ−油も餃子に最高でした。

今日ご紹介したい一冊はこちら↓
Dining (1).jpg Dining (2).jpg
D&DEPARTMENT DININGが初めて一冊の本になりました。
名物のドライカレーをはじめ、ランチでもお茶の時間でも夕飯としても使える人気メニュー30品のレシピが詰め込まれています。
自社農園のお話やサ−ビスについて書かれている箇所などはとても興味深いものがあります。
「おいしい」を届けるための心意気が伝わる一冊です。
もちろんD&DEPARTMENTだけに、店内の装飾から食器、カトラリ−に至るまで、全体に統一感があってかっこいいです。食べに行ってみたいっ!

やはり今年も「食」に目がない店番です。


(お知らせ)
今月のワ−クショップ「コ−ヒ−教室」は定員になりました。お申し込み頂いた方、ありがとうございました。また今回お申し込みをされたのに定員になりお断りをしたみなさん、誠に申し訳ありませんでした。また企画したいと思いますので、その際にはぜひお待ちしています。



posted by artos at 15:23| 島根 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

思考

初荷の後はしばらく休配日が続くので、今のうちにやらなければいけない仕事を片付けたりしています。それも今日までなんですけどね。明日からはまた週刊誌も入荷したりでいつもの毎日に戻りそうです。
まだ曜日や日にちの感覚がおかしくて、前回の日記でお休みの日を間違えて書いてしまいました。正しくは13日(日曜日)です。平成20年っていうのもピンときません。仕事初めの日は何回も領収書に19年って書いて無駄にしてしまいました。
娘の冬休みも今日で終わり、明日からは家族全員シャキッとするはず。。。

最近友達と英語力を習得するための話をしていたら無性に勉強したくなって、随分昔の参考書やら学生時代のテキストを引っ張り出したりしています。学生時代ボロボロになるまで読んだ「シンドラ−のリスト」のペ−パ−バックが出てきて、懐かしかったです。これ一冊持込可で試験があったりして・・・あの頃の頭脳は何処へ。今年はちょっと鈍ってしまった頭を動かさねばと思っています。

2月と4月のイベントの企画が動き始めています。どんな風にしたらよいか悶々と考えています。

ちなみに、先日娘にTV「食わず嫌い」に出るとしたら何にする?と聞かれて時々こんな事まで真剣に考えてしまう自分もいます。好きな物3品と嫌いな物1品。好きな物が多過ぎて、大変です。テレビに出るなんてあり得ないのに、妙に盛り上がったりする我が家です。

なぁ〜んて、どうでもよい事も考えつつ、この調子で今年もマイペ−スで行こうと思います。こんな店番ですが、またお店にいらした時はおしゃべりにお付き合い下さい。

さあ、午後からは返品作業が私を待っている・・・。




posted by artos at 14:05| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

のんびり正月

あけましておめでとうございます!
今日からまた通常通りの営業となります。
(第二日曜日(1/12)は定休日のためお休みさせていただきます。)

今日は初荷がどっさりだったので、仕事初めは早朝4時半開始となりました。でも店長曰く昔の初荷はこんなものではなかったらしい・・・そんな昔に嫁に来てなくてよかったと内心。それでも気持ちを新たにまたがんばろうと思いながら、荷解きに励みました。

お正月休みはどこに出掛けることもなく、のんびり食べたり寝たりであっという間でした。そもそも「休む」ことに慣れていないので、店がお休みの時は何をしようかと悩んでいる間に一日が終わってしまう感じです。お正月とお盆ぐらいしか連休はないので、かなり貴重な時間なのですが、結局普段でも行けるでしょうというような電気屋さんやドラッグストアに出掛けるくらいで、家でひたすらのんびり過ごしておりました。それでも娘は家族全員で移動できることがとても嬉しそうでした。私も随分充電させてもらいました。

お正月と言えば年賀状。これがまた楽しみの一つです。特に遠方にいる友達の近況がわかるのがうれしかったりします。中でも特に私が驚いたのは、中学高校と一緒だった友達からの年賀状に一月から親子留学しますと書いてあったことです。彼女は二児のママです。しかも下の子はまだ一歳と数ヶ月。すごい〜すごい〜!行き先はオ−ストラリア!新住所も書いてありました。少し前のNewsweekでも取り上げられていたのですが、日本人の親子留学が増えているらしいです。それを隅から隅まで読んでいただけに、かなり衝撃的でした。うっうらやましい限りです。。。
お客様からも年賀状頂戴しました。ありがとうございました。

こうして日記を書いている間も久しぶりにお会いする(帰省の際に必ず寄って下さる)ご夫婦とお話したり、じっくり選んだ一冊をレジ台に今年最初の一冊ですといって差し出されたりすると、今年もこんな風にお客様と関わっていけたらなぁと・・・お客様に喜んでもらえる品揃えはもちろん、人と本の結びつきを大事にしていきたいと思います。
今年一年、引き続き本のある暮らしをいろいろな角度からご提案していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

ぽち袋.jpg




posted by artos at 16:03| 島根 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする