2008年03月28日

ブックスタンド

おかげさまで、4月3日でアルトスは3周年を迎えます。
リニュ−アルオ−プンと同時に小学校に入学した娘は、4月から4年生。本当に早いものです。

アルトスでは3周年を記念して、店長日記にも少し書いてありましたが、オリジナルのブックスタンドを作ることになり、出雲の「すたに木工」さんにご協力頂き、この度実現することになりました。そして、昨日完成品がやってきました!

元々は、うちの娘用に静岡の知り合いの家具職人さんが作って下さった物との出会いが始まりでした。娘が使っている机はいわゆる学習机ではなく、なんてことないただのテ−ブルなので、それに合った本棚というか本立てをずっと探していたのです。ブックエンドでは本がずれてきてしまうし、毎日教科書やバインダ−を出し入れするにはとても使いづらくて、悩んでいました。なので、いつも机の上はぐちゃぐちゃ。でもこのブックスタンドがやってきてからは、劇的にきれいになったんです!初めて見た時は一見仕切ってあるので、使いづらいかもと思いましたが、物を立ててみると・・・あらあら、本の立ち姿がなんとも素敵じゃないですか?!しかもプリントやらドリルのような薄い物もへたらず、きちんと整理もできるので、ちょっと感動。娘のお気に入りの絵本も立てていたのですが、背表紙がとてもきれいに見えたので、これはお店で使いたい!と思ったのです。

薄い仕切り板は一枚づつ取り外しが可能です。少し分厚い物を立てる場合は調整ができます。そして、材質にもこだわり、贅沢にも北海道産の天然木樺桜を選びました。色も木目もとても上品でどんなインテリアにも合うと思います。本当にきれいな仕上がりに大満足で、大きな店長が小躍りしております。何しろ国産の桜の木を確保して頂くのが容易ではなかったので・・・。(すたにさん本当にありがとうございます!)

ブツクスタンド@.jpg ブックスタンドA.jpg
囲みがないので、無駄のないデザインがすっきりとしています。

(サイズは2種類、写真は大きい方です。)
大・・・横80cm 高さ15cm 奥行き 13cm
小・・・横40cm 高さ15cm 奥行き 13cm

おすすめは断然長さの長い方ですが、ご家庭で電話横やキッチンなどのちょっとしたスペ−スには半分のサイズの小さい方もおすすめです。よく使うお料理の本や、実用書などがスマ−トに収納できます。入学のお祝いにもいいですね。また、使っていくうちに少しずつ木に味が出てくるので、ずっと大切に愛着をもって使って頂けると思います。

ここ何日間かレジ台に置いていましたが、嬉しいことに何も知られない方がこの本立ていいですね〜と言われることが多々ありました。説明はするものの金額やら材質について、はっきりとした事がお返事できませんでしたが、やっと完成品を見て頂けるようになりましたので、正式に販売開始です。詳細については店頭でお尋ね下さい!本当にすぐれものです。


一週間後にせまりました、みずいろさんの「日々の道具展」、いよいよです。私も含め、たくさんの方がとても楽しみになさっているのではないでしょうか。普段よく使うもの、カバン・キ−ケ−ス・ブックカバ−・鍋つかみなどなど・・・シンプルだけど、どきゅんとする作品が並ぶ予定です。本のあるアルトスの空間に、みずいろさんと一緒にちょっと嬉しい日常の生活空間を表現したいとイメ−ジしています。長く使える働きものの道具たちはきっとみなさんにも身近で大切にしたい存在になると思います。
(個展にあたってのお願いを近くなりましたらお知らせさせて頂く予定です。よろしくお願いします。)






posted by artos at 16:04| 島根 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

特別な日

シルバ−クレイ教室終了しました!
お天気がいまひとつでしたが、空模様とは裏腹にとてもいい雰囲気で開催することができました〜。
今回はペンダントトップとビ−ズチェ−ンの二つを作る会でした。

まずは先生から簡単に手順を教わってから、作業開始です。
銀粘土をこねこね、自分の好きな型にはめます。それを乾かして、型から外し、余分な箇所を削り落として、形を整えます。そしてまた乾燥。軽くまわりをきれいにしたら、焼きに入ります。
細かい作業.jpg 画像 084.jpg

焼いた後は、磨きます。磨けば磨くほど銀色に・・・。黙々と作業する時間がとても穏やかに過ぎていきます。
ハ−ト磨く.jpg 全体の雰囲気.jpg

トップを完成させた方から、ビ−ズチェ−ンを作ります。お好きなビ−ズを選んで組み合わせ方を決めます。
ビ−ズ.jpg ビ−ズを通す.jpg
実際にある程度通してみると、イメ−ジと違っていたりするようで、あれやこれや悩んでおられる方もありました。なんとも楽しそう。

最後は焼きあがったトップをチェ−ンに通して完成です!
みなさんそれぞれの雰囲気にとても合った、素敵なネックレスが出来上がりました。
完成したよ.jpg みんなの完成品.jpg

早速試着・・・
意外にもその日着ておられたお洋服にぴったりの方が多くて、なんだかみなさんとても嬉しそうで、初対面同士の方の会話もとても弾んでおりました。
画像 126.jpg 画像 127.jpg 画像 128.jpg

教えて頂いた講師のあっこさん、ご参加頂いたみなさんありがとうございました!

来月のワ−クショップご案内をアップしました。
1月に続き、コ−ヒ−教室の基本編となります。前回ご参加いただけなかった方、この機会にぜひどうぞ。(メ−ルでお申込頂く場合は必ず件名を「ワークショップ申し込み」でお願いします)


昨日はイ−スタ−にあたる日曜日でした。
日本ではあまり馴染みがありませんが、外国では結構な盛り上がりを見せる行事のひとつですね。私もたくさんイ−スタ−エッグを頂きました。そして、昨日は私にとって特別な日となりました。
たくさんの人に感謝です。。。
posted by artos at 15:52| 島根 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

感動

昨日は感動、感動の一日でした。
レスリングの浜口選手が北京の切符を手に入れて、お父さんと泣きながら抱き合っている場面に感動して泣き、もちろんスケ−トの真央ちゃん優勝にも涙、そして予想以上に中野さんの滑りがものすごくきれいで、力強くて、四位だったけどその健闘ぶりに感動してまたまた涙。とどめは普段全然見ないけど、「金スマ」の『ホ−ムレス中学生』秘話を見て、何故かまた泣いておりました。最近ますます涙腺が弱くなってきた店番です。今日は花粉で目がチカチカですが・・・。

わゴムのはなし.jpg

ぽかぽかと暖かい日は、絵本でもごろんと横になって眺めていたいと思いませんか。もちろん店番中は無理ですが・・・。久しぶりに大好きな絵本↑を入れてみました。初めて読んだ時はそれこそ面白すぎて、涙が出ました。主人公の出で立ちもかわいいし、絵本だからこそ生まれるありえない世界にまんまとはまっていく感じが後を引きます。究極にシンプルなスト−リ−展開も魅力の一つです。随分昔に出版された本ですが、読者や図書館から再刊希望が多かった絵本のようで、2000年再刊されました。
なんだか絵本を持って公園にでも行きたい気分です。

明日はシルバ−教室のワ−クショップを開催します。お申し込み頂きました皆さんありがとうございました。今回は今までよりも型の種類もサイズも増えたみたいなので、楽しみですよ。お待ちしています!

来月の「みずいろ」さんの個展のご案内をアップしました。
昨日はちょうど作品を少し拝見してディスプレイなどを話し合ったりしました。もう並べる前からどんどんイメ−ジが膨らみます。今回もシンプルな中にも生地使いがとても素敵な作品ばかりです。

来月はワ−クショップも開催します。
前回好評だった「コ−ヒ−教室 基本編」です。詳細を来週中にはお知らせする予定です。興味のある方はぜひご参加下さい!


posted by artos at 16:56| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

春いろいろ

花粉症の症状が随分軽くなりました。病院の薬が劇的に効いております。ちょっと怖いけど・・・。ご心配頂いたみなさん、ありがとうございました。来年からは早目に気をつけて、何か自分に合った対策を試さなきゃと思っています。

お天気が続いて、日も随分長くなってすっかり春といった陽気です。
昨日は桜が咲いてるのを見かけました。
店内には黄色いお花(ミモザアカシア)を飾りました。一気に明るくなりました〜。やっぱりお花がある空間はいいものですね。元気が湧いてきます。
娘の学校給食も今日で終わり、三学期もあと一週間。また春休み突入という訳です。また店番が少し賑やかになります。。。いいんだか?!

平台春.jpg

着る物が身軽になってきたので、早くブラウスで過ごしたいと思うもの。新しいブラウスも欲しくなる季節です。自分で作れる方が本当に羨ましいのですが、できない私は気に入る物をとことん探さなければなりません。ネットでお買い物をすると失敗するタイプなので、実際手にとって探したいのですが、なかなか時間もないので、今年は作ってもらおうかなぁ・・・と思ったりしています。シンプルで作業するにも洗濯にも強い物が理想です。
CHEAK.jpg
知る人ぞ知る生地屋さん、CHECK&STRIPEさんの2冊目となります「布屋のてづくり案内」発売されました。大人物と子供物合わせて38点の作品の他にパリの手芸店案内 やら神戸のお店のことなど盛り沢山です。(実物大パターン付)
洋裁関連の本は明日も入荷予定です。



金平糖.jpg
店番のtomo”も春色です。

何が変わるわけではありませんが、ちょっと想う事がありましてこのところ専門書を読んでいます。そして、身が引き締まる今日このごろ。この春から新しい世界が広がりそうです。

posted by artos at 14:49| 島根 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

春なのに

涙がこぼれます。やっぱり、花粉症でした。。。
今日ついに耳鼻科へ行ってきました。行って帰って2時間!病院の駐車場も待合室もいっぱいでした。一人一人の診察時間は短い気がするけど、先生の説明が丁寧だからか、とにかく待合室で伸び伸びになってゆでだこのようになってしまいました。しかも置いてある雑誌が週刊誌、新聞ぐらいしかなく、がっかり。本を持参しなかったことを激しく後悔しました。どうして病院の待合室には銀行の待合室と同じ感覚で雑誌が置いてあるのでしょう。。。もっと患者さんがリラックスできるような本があれば待ち時間も苦にならないのになぁと心の中でぶつぶつ嘆いておりました。(でもここは例外ですよっ!)

そんな訳でこの春花粉症デビュ−しました。診察結果も結構重症と言われてしまいました。正直こんなにしんどいとは思ってもみなかったので、本当にはがゆいっ。絶不調の店番です。

でも、気を取り直して行こうと思いますよ。
いつの間にか、店長日記が2日続けて更新されているので私もがんばらねば。

リトルプレスは「日々」、「Arne」そして岡山の佐野アトリエさんから新しい「日暮らし」が入荷してきました。
和菓子の絵本も、渡辺有子さんの新刊も、春らしい表紙が目を惹きます。花より団子の方へ。

リトルプレス.jpg 和菓子本.jpg 

これからの季節、お弁当を持ってどこかへ出掛けるのもいいですね。また新学期からお弁当作りが始まるというお母さんのためにもお弁当の本を色々と並べてみました。意外と作るのが難しいサンドイッチ。「サンドイッチノ−ト」は人気の一冊です。

堀川 波さんの新作絵本も入荷しています!卒園、入学のお祝いにもぴったりの一冊ですよ。りさちゃんとお母さんのお洋服がなんともかわいいです。ぜひご覧下さいね。

平台.jpg りさちゃん.jpg



  






posted by artos at 16:55| 島根 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

ただのいぬ

赤鼻の・・・店番です。
ここ数日、鼻の奥がむずがゆいのです。くしゃみも止まらず、目がチカチカ。これは花粉?!もしかして花粉症だろうか・・・と疑っているところです。花粉症なんて、私には無縁と変な自信があったのに、どうやら敵は突然やって来るという噂通り、突然やって来ますね。が〜ん。とにかく鼻が・・・鼻が・・・むずむずしてつらいっ。洗浄したい感じです。そんなわけで、ティッシュが手放せない私の鼻は真っ赤です。こんな症状いつまで続くのだろうか。。。

昨日のお休みはお天気もよかったので、体を動かしに森林公園へ行ったり(これがよくなかったと思うんだけど、はりきってお弁当まで持って行きましたよ!)、美術館へも行きました。
公園で私はひたすら縄跳びの二重とびに挑戦しておりました。この歳で続けてやるのは結構しんどいです。でも最高7回!かなり頑張りました。娘曰く足を曲げ過ぎないで軽く飛ぶのがコツだそう。そんな彼女は50回近く軽々と二重飛び。縄跳び検定員になるべく日々特訓中です。

美術館へは「ただのいぬ。」展を観に行きました。捨てられたり、迷子になってしまった犬の写真展です。なんでも島根県はそんな犬がたくさんいて、全国ワ−スト4位なのだそう。平成18年の一年間で処分された犬の数は実に1271頭も。数字で見ると本当に多くてびっくりです。会場は「ただのいぬ。の部屋」「光の部屋」「暗闇の部屋」の3こつに分かれていました。新しい飼い主を待つ子犬たちの写真が並ぶ「ただのいぬ。の部屋」を見終わると、残り2部屋のどちらかに進むようになっているのです。飼い主が見つかって、救われる犬は「光の部屋」。処分される犬は「暗闇の部屋」。この部屋へはちょっと勇気がいりました。涙も出ました。そして、色々な問題があるにしろ、人間の勝手さになんだか憤りを感じてしまいました。犬たちの円らな瞳が何か訴えてかけているようで、印象的でした。

↓写真展のちらしと犬の本いろいろ。実は店長、大の犬好きなんです。娘は犬アレルギ−ですけどね。
ただのいぬ.jpg



そして、みなさんにうれしいお知らせです。
今年も布作家の「みずいろ」さんの個展をアルトスで開催することになりました!詳細は近々ニュ−スでお知らせする予定です。
DMも出来上がっておりまして、ただいま店頭でお配りしています。興味のある方はぜひ手に取ってご覧下さい!今年はどんな風にディスプレイしようか・・・どんな作品に出会えるだろうか・・・みずいろファンとしては楽しみでなりません。






posted by artos at 15:36| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

修道院

今月もバタバタと忙しく始まり、気が付けばもう一週間。早いっ。
今日は婦人誌の発売日。4月号だし金額がいつもより少し高めだったので、出版社もはりきって付録を付けてくるのは予想していたけど、まさかエッセに小冊子が2種類もあるとは・・・無駄に時間が掛かってしまいました。本当に毎回愚痴を言ってますが、付録って本屋泣かせです。。。付録が付いているから売れるというのは少し前の時代のようで、最近は無くていいからその分安くして、という声が聞かれます。どっちでもいいけど、初めからくっ付けておいて欲しいと切実に願います。

卒業式の練習のせいでしょうか、下校時間になるとちょっとせつない歌が聞こえてきます。寂しい歌なんだけど、低学年の子供たちが元気よく歌いながら帰ってくる光景はなんともかわいいです。卒業の歌で思い出すのは「い〜つの〜こと〜だか〜思い出してごらん♪あんなこと、こんなこと、あ〜った〜でしょう〜」という歌です。タイトルがわからないけど・・・。卒業の歌は口ずさむだけでウルウルしますね。

さて、今度の日曜日は月に一度の定休日。最近全く本に手を伸ばしていないので、明日の夜はずっと気になっていたこれ↓を読みたいと思います。
修道院.jpg 「ル−マニアの森の修道院」

旅の本でも修道院に限定してあるところに惹かれます。しかもル−マニアのみ。装飾品や日常生活を拝見したいところです。写真だけでなく、日記調に綴られているので、旅をした気分も味わえそうです。
学生の頃住んでいた寮の一階は修道院でした。それはそれは独特な空気が漂っていて、スペイン語が飛び交い、外国人のシスタ−たちの香水とは違う、異国の香りがしていました。懐かしい・・・。
そして、きっとル−マニアに行ってみたくなるのです。

しおりさん.jpg こちらは楽しみにしていた新刊、瀬戸口しおりさんの「私の料理」

瀬戸口さんは高山なおみさんがシェフをつとめていたレストラン「
KuuKuu」でアルバイトをしていたのがきっかけで、料理の道へすすまれた方です。なので、なんとなく高山さんっぽい雰囲気のお料理ですが、普段のおかずにほんのひと手間をかけるというのがポイントのようです。ひと手間だけ・・・それが何なのか、ちょっと気になる店番です。

ワ−クショップのお申し込み、まだ受付ています。今度の日曜日にメ−ルでお申し込み頂いた方へは、月曜日にお返事させて頂きますので、よろしくお願いします。

posted by artos at 17:14| 島根 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ピンバッチ

今朝は車がものすごく汚くなっていたので、びっくりしました。黄砂なんですね。なんでもピ−クが例年より28日くらい早くやってきたみたいですよ。どうせみんな汚いから洗車しなくてもいいか?!と思ったけど、どうも気になったので、開店前に洗車に行ってきました。帰ってから店長になんで今?とつっこまれましたが、いいのです。とりあえずすっきりしたので。

さてさて、雑貨入荷のお知らせです!
トムズボックスさんのピンバッチ大好評につき再入荷です。前回とは違う柄もありますので、ぜひご覧になってみて下さい。今ならたくさんの中から選べますよ〜。みなさん、帽子に付けたり、布バックにつけたり、色々と楽しんでおられます。ちよっとしたプレゼントにしてもいいかもしれませんね。ちなみに店番のお気に入りはこちら↓
ピンバッチ.jpg
左 北田卓史さんの「しろくま」
中 荒井良二さんの「ぞうバス」
右 酒井駒子さんの「ふうせん」

タ−シャ・テュ−ダ−さんの新刊も入荷しています。

タ−シャポストカ−ド.jpg

ひと足先に誰かに春を届けたくなるような花のポストカ−ドは2種類。イラスト版と写真版、どちらもとても素敵です。
「タ−シャとコ−ギ」はタ−シャのトレ−ドマ−クとも言える彼女の愛犬コ−ギとの愛情あふれる写真集です。添えられたタ−シャの言葉が心に響きます。
私が初めて手にした彼女の絵本は「マザ−グ−ス」でした。残念ながらもう絶版になってしまいましたが、初めて見た時は衝撃的でした。絵がとても私好みで、ユ−モラスなマザ−グ−スの世界とぴったり合っていたのです。
今年で93歳のタ−シャおばあちゃん。園芸家としても有名ですよね。いつか訪ねてみたいなぁ・・・(これまた夢)

ワ−クショップのご案内アップしました。すみません、日にちが間違っていました。訂正します・・・。
正しくは3月23日(日)です。今朝お電話頂いた方、ありがとうございました。
今回はチェ−ンをビ−ズにしてみましょうということですので、春らしい色を選んでみられるといいかもしれませんね。ブラウスで過ごせる日が待ち遠しいですね。お申し込み、お待ちしています!


posted by artos at 15:06| 島根 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする