2012年03月17日

4月のお楽しみ

年度末でなんだか慌ただしく過ごしているうちに、3月も半分終わってしまいました。
来月は店内でのイベントや初めての開催となる絵本講座など、ちょっと楽しみな企画が待っています。

Newsでご案内しています『つーリスと・ニッポン』ただいま参加者受付中です。
3年前に休刊となった雑誌「Re:S」をご存知の方も多いと思いますが、この度「ほんとうのニッポンに出会う旅」として単行本化されました。その発売を記念して著者の藤本智士さん率いるりすチームが来松。これまで全国各地を旅してきた記録をもとにトーク&スライドショーツアーを開催。きっと私たちの知らない島根の魅力を逆プレゼンでたっぷりと教えてくれると思います。トーク&スライドショーのお申込みはアルトスまで。おまけのツアーの申込はりすの専用フォームからお申込み下さい。
詳しくはこちら→ http://www1.megaegg.ne.jp/~artos/news/1204res.html

桜の季節です。ぜひりすチームと一緒に遠足気分で出掛けませんか。
島根の魅力を再発見!きっと楽しい旅になること間違いなしです。ご参加お待ちしています!

P1060592.JPG
また現在店頭にて「ほんとうのニッポンに出会う旅」をお買い上げ頂きました方へ、藤本さん自らがフィルムで撮影された生写真をプレゼントさせて頂きます。ぜひこの機会にお買い求め下さいー!

「ほんとうのニッポンに出会う旅」著者 藤本智士 プロフィール(本書より)
2006年雑誌「Re:S」を創刊。11号で雑誌を休刊するまで編集長を務める。その後自らの会社名を「Re:S」と変更。Re:S=Re:Standard(あたらしいふつう)を単なる雑誌名とせず、様々な書籍や展覧会、その他ものづくりをとおして、Re:Sを体現していく編集活動が注目を集めている。最近ではデジタル時代にアルバムの大切さを伝えるべく開催した「ALBUM EXPO」の企画プロデュース。国土交通省官公庁を通して全国の小・中・高の図書館に寄贈された、ジャニーズ事務所の人気グループ嵐による『ニッポンの嵐』の編集、原稿執筆を手がけるなどで話題に。

お楽しみはまだまだ続きます。4月18日(水)は「大人の絵本講座」を予定しています。
以前の日記でも少しご紹介しましたが、岡山の本屋さん「451ブックス」さんの根木店長さんを講師にお迎えし、昼と夜にわけて開催します。絵本専門雑誌「MOE」でもご紹介されたことがある本屋さんです。学校や図書館で絵本の読み聞かせをされている方や普段からご家庭で読み聞かせをされている方、とにかく絵本が大好きという方ならどなたでもご参加頂けます。参加ご希望の方は電話またはメールでお申込み下さい。(件名は必ず「おとなのための絵本講座申込」でお願いします。)昼と夜、両方受講されても構いません。

4月18日(水)アルトス店内にて開催 各講座 1500円(コーヒー付)

昼の部「大人だけが見えてくる、絵本に描かれた物語」14時〜15時半 
夜の部「大人だけが知っている、絵本の中にある秘密」19時〜20時半

(使用する絵本については後日ご案内します。)

平日の開催ですので、お仕事のある方はどうぞお早めにご予定に入れて頂けるとうれしいです。

どちらもとても面白そうなイベントになりそうなので、今からとても楽しみです。
来月はアルトスのお誕生月でもあります。お蔭さまで7周年を迎えます。この春からは8年目に突入します。これからも本を通じてこのようなイベントを企画しながら、みなさんに楽しんで頂けるといいなぁと思っています。どうぞよろしくお願いします。

店内では引き続き『花森安治のアートワーク』展を開催しています。
また、店内の一角では「SMALL WORLD展」と題して、駒形克己さんがボローニャ国際児童図書展の共同ブースでご一緒されたインド・メキシコ・パリのユニークな出版活動を展開する出版社の絵本をご紹介しています。それぞれの国ならではの豊かな色彩をどうぞご覧下さい。
P1060602.JPG P1060603.JPG P1060604.JPG 

この週末もみなさんのご来店お待ちしています。

 


posted by artos at 16:15| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

友部正人LIVE

去る3月4日、今年最初の店内LIVEにフォーク界の大御所、友部正人さんをお迎えしました。当日はお天気が悪かったにも関わらず、たくさんのお客さまにご来場頂きました。
店番も中学生時代、兄の影響でよく耳にしていた音楽を、まさかこんなに身近で聴かせて頂けるなんて・・本当に感無量でした。名曲「一本道」も聴けたし、おおはた雄一さんもカバーされている「水門」も聴けました!「Speak Japanese,American」もよかったなぁ。一番最近発売されたアルバム「クレーン」の中からもたくさん歌って下さいました。中でも「生きていることを見ているよ」はストレートに心に響く歌でした。
P1060559.JPG P1060555.JPG P1060562.JPG 
現在、友部さんはニューヨークと日本を往復しながら歌い続けておられます。今度はいつお会いできるでしょうか。またいつか素敵に年を重ねておられる友部さんにお会いしたいです。
狭い空間で今回はスタッフの数も十分ではなかったので、至らない点が多々あったかと思いますが、ご参加頂きましたみなさま本当にありがとうございました。ぜひ店頭でご感想などお聞かせ下さい。また、引き続き友部さんの書籍・CDの販売を行っています。当日買いそびれてしまったという方があればどうぞお求め下さい。

現在店頭では「花森安治生誕100年記念『花森安治のアートワーク』展」を開催中です。入口の窓には「暮しの手帖」の表紙パネルを年代別に貼ってご紹介しています。暮しの手帖社の書籍のラインナップもとても充実しています。松浦弥太郎編集長の著書も多数ご用意しています。ぜひご来店下さい。
P1060572.JPG
尚、フェア期間中関連書籍をお買い上げ頂きましたお客さまには「暮らしのノート」をプレゼントしています。これがとても素敵で、大変好評です。販売されているようなお品なので、差し上げるとみなさんとても喜んで下さいます。こちらは数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

(お知らせふたつ)

@雑誌「Re:S」が単行本(『ほんとうのニッポンに出会う旅』)となってこのほど発売されます。その発売を記念して3月10日20時からUSTREAM番組「生で・りすテレビ」がオンエアされます。その中でもしかしたらもしかして、ちょっと嬉しい企画が発表されるかもです。ぜひご覧下さい。私達も楽しみに拝見したいと思います。
http://re-s.jp/book/news/

A来月、岡山にある本屋さん「451Books」さんによる「大人のための絵本講座」を開催致します。絵本に精通されている店主根木さんに、読んでいるだけでは気づかない物語の背景にある知られざる魅力をたっぷりお聞きします。こちらは昼の部と夜の部と2回にわけて開催します。絵本はそれぞれ違う物を選んで下さっていますので、両方参加されても構いません。なかなかお聞きすることのできないお話ですので、ぜひどうぞ。詳細はまた後日ご案内させて頂きます。
http://www.451books.com/

最後に3月11日(日)は第2日曜日につきお休みを頂きます。

みなさんよい週末をお過ごし下さい。







posted by artos at 23:42| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする