2012年08月29日

本のある生活

まだまだ暑い日が続きますね。なんでしょうこの蒸し暑さはほんとに。
ご旅行で来られる県外からのお客さまが、みなさん口々に松江暑いですねっておっしゃいます。
早く涼しくならないかしら・・・。

さて、いよいよ9月2日(日)から「ガラスとヒカリ イイノナホ ペーパーウェイトブック 出版記念展」始まります。
店内には本の中で紹介されているペーパーウェイトがずらりと並びます。きっと涼やかな店内になると思いますので、ぜひ残暑は厳しいですが足をお運び頂けたらうれしいです。
展示品と販売品とございます。販売分は予定では4種類。それぞれ数に限りがございますので、ご希望の方はどうぞお早めにご来店下さい。
また本企画の「ガラスとヒカリ」をはじめ、ひと味違う本をたったお1人で作り続けておられる出版社の「ミルブックス」さんのフェアを開催いたします。 スタートから今年で8年、これまでに出版された60タイトルから厳選した書籍を販売します。もしかしたらもしかしてイイノさんのサイン本もやってくるかもしれません。

新しく入荷した商品のご案内です。
内沼晋太郎さん(ブック・コーディネイター/numabooks代表)がプロデュースされているブランド「BIBLIOPHILIC」から「本のある生活」を楽しむためのアイテムがやってきました。
ちなみに「BIBLIOPHILIC」と言えばもう一つ、アルトスのオリジナルブックスタンドをお取扱い頂いている唯一のショップです。
今回、みなさんにご紹介する商品はこちら。
「グラシン・ペーパー・カバー」
glassinpapercoverlarge_photo_sub1.jpg glassinpapercoversmall_photo_sub7.jpg glassinpapercoverlarge_photo_sub8.jpg 
本を大切に保護するためのカバーです。洋書などが薄くて半透明の白い紙のカバーに恭しく包まれているのを見たことがある方も多いと思います。半透明で光沢があり、滑らかな手触りです。本の装丁の美しさを損なわず、本のタイトルがきちんと判別できます。
サイズは2種類、(四六、A5、B5、A4)用と(文庫、新書、B6)用がございます。
それぞれ50枚入り。

その他にシンプルなデザインが美しいデンマーク製のブックエンドも入荷しています。

そして店番が楽しみにしていた物がこちら。
「ペーパーコレクター」
bibliophilic_PAPC-01.jpg papercollector_photo_sub1.jpg papercollector_photo_sub2.jpg  
1989年に工業デザイナーWilli Glaeser氏によって生み出されたこちらの商品は、その後スイス市場からドイツ、スペインと広がっていき、ついにはヨーロッパ中で愛されるロングセラー商品となり、その人気ぶりは多くの後追いの類似品を産むほどでした。現在ではアメリカのニューヨーク近代美術館(MoMA)のデザインストアーでも扱われるなど、そのデザイン性が高く評価されています。
4つ折にした新聞紙や、少し大きめの雑誌までしっかりと収納でき、しかも見た目がすっきり。紙袋やプラスティックケースでは生活感が出てしまうところですが、これならインテリアの一部のように部屋に溶け込んでくれます。もちろん、要らない紙ばかりでなく、本棚に収納する訳でもないけれど、ちょっと取っておきたいような雑誌やフリーペーパーなども、格好よく収納することが出来ます。
小さなお子さんのいらっしゃるご家庭だったら、絵本や小さなぬいぐるみやちょっとしたおもちゃを収納してもいいかもしれません。ぽいぽい放り込むお片付けの光景が目に浮かびます。
我家用にも購入してみました。重みもあって見た目よりとてもしっかりした作りなので、長く使っていける道具だと思います。

本のある生活を色々な形で楽しんで頂けたらと思います。ぜひ店頭でご覧下さい。
商品に関するお問合せはお電話でも構いません。どうぞお気軽にお掛け下さい。
http://www1.megaegg.ne.jp/~artos/about.html

商品の入荷情報はツイッターとFacebookでもご案内しています。ぜひご覧下さい。
https://twitter.com/#!/artos_info/
http://www.facebook.com/artosbookstore





posted by artos at 16:39| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

夏休み

布作家みずいろさんの年に一度の個展、本日最終日を迎えました。
今回のテーマ「旅する布のカバンとコモノ」に合わせて、世界各国のとてもカラフルな布で作られた作品が並び、今までにない空間が出来上がりました。
P1070055.JPG P1070050.JPG
初日は平日だったにも関わらず、ご遠方からもお出掛け頂き、中にはお仕事をお休みして来て下さった方もありました。毎年楽しみにして下さってる方がたくさんいらっしゃる事を実感します。ありがとうございます。
今回は使用した布の関係上、全て一点物だった為オーダーをお受けすることができませんでした。欲しかった物がすでに売約済みになっていたという方もたくさんいらっしゃったかと思いますが、どうぞお許し下さい。
また来年に期待して、これからも素敵な作品を作り続けて頂けたらなぁと思います。
期間中ご来店頂きましたみなさま、ありがとうございました。
P1070082.JPG P1070084.JPG
壁にはそれぞれの布の国を表示してご紹介。アフリカの布が人気でした!
 
お買い上げいただいた方へのお渡しは、本日16:00以降から可能です。また、本日お買い上げ頂いた方はその場でお渡しいたします。尚、8月15日・16日・26日は店休日となっておりますので、お気を付け下さい。

先日、8月10日・11日に「child pictures bank」さんの主催によるアートインジェクション『第3回写真の学校』が開催されました。講師は川内倫子さん。今年も店長が少しお手伝いをさせて頂きました。
P1070059.JPG P1070063.JPG 
地元写真部の高校生を対象に写真のワークショップを開催。こんな間近で教えて頂けるなんて・・・贅沢。
ものすごく充実した時間だったようで、店長も仕事を忘れて楽しんだようです。
どさくさに紛れて記念撮影まで・・・恐縮です。

ただいま店頭では、people's fruitsさんのナチュラル アンフィルタードジュースを販売しています。
アンフィルタードとは、名前のとおりフィルターを通さずにしぼった無ろ過のものをさします。
100%ジュースでも、変色を防ぐためビタミンCやレモンを加えたり、濁りや澱を除くためにろ過したりするのですが、ピープルズフルーツさんのジュースは、何も加えず生の果物そのままを瓶詰めされています。
正真正銘の100%ジュースです!
ジュース.jpg

りんごジュース(秋陽・山形県産)
香りが高く、酸味、甘みのバランスがとてもいい品種が秋陽です。
少しの酸味が、りんごの持つ甘みを引き立て、さっぱりした飲み口のジュースに仕上がりました。
ふたを開けたとたんに広がるりんごの香り。酸味と甘みのバランスがよく、濃厚な味でも、さっぱりと飲めるジュースです。冷やしても、少しスパイスを入れて、あたためてもおいしくいただけます。

ぶどうジュース(オリジナルブレンド・山形県産)
ワインの原材料、マスカットベリーAとステューベンをブレンドした、ピープルズフルーツのぶどうジュースです。6ヶ月熟成させ、まろやかで深みのある味に仕上げました。フルボディのワインのような、濃厚でどっしりとしたぶどうジュースです。
食前酒としてそのままいただいたり、お酒やソーダで割ったり、お砂糖を加えずに、おいしいぶどうゼリーやソルベを作ることができます。天然の味のデザート、おすすめです。

こちらのジュースは無くなり次第販売終了となります。どうぞこの機会にお試し下さい。

さてアルトスは明日(15日)・明後日(16日)夏休みを頂きます。26日(日)は定休日となります。
お休みの間はオンラインショップの対応も出来かねますので、ご了承下さい。

夏休みもあと半分。まだまだ蒸し暑い日が続きますが、みなさんご家族で楽しい夏をお過ごし下さい。



posted by artos at 16:52| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

フェアと個展

毎日暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
連日のオリンピック観戦で寝不足の方も多いでしょうね。
我家も毎日テレビに釘付けになってます。今回団体のメダルの数が多いのも何だか嬉しいですね。
これからの日本の大きな糧になるような気がします。なんか偉そうだけど・・・。

さて、店内では引き続き「青幻舎」フェア(8/19まで)を開催しています。『世界の夢の本屋さん2』の版元である「エクスナレッジ」の書籍も平台で多数取り揃えています。ちょっと和テイストのラインナップが充実している「青幻舎」ですが、写真集も要チェックです。写真の『CROMA』はフランスを代表する歴史・紋章学のミシェル・パストゥローにより、世界各地・350枚の写真で織り成された色の作品集。西洋社会で基本とされている赤・緑・黒・黄・青・白の6つの色を他文化圏からも幅広く収集し色と人間との密接な関係性を視覚的に紹介しているものです。
P1070043.JPG P1070052.JPG
建築・インテリア関連の書籍が充実している「エクスナレッジ」も面白いラインナップとなっています。
P1070045.JPG P1070053.JPG

そして、いよいよ明後日8日(水)から「みずいろ」さんの年に一度の個展が始まります。
http://www1.megaegg.ne.jp/~artos/news/1208mizuiro.html
今回のテーマは「旅する布のカバンとコモノ」です。
いろいろな国のカラフルな布を使った布小物や、定番の帆布や綿・麻などの生地を使った旅グッズなどが並ぶようです。去年と違って今回は一点物が多いようですので、ぜひ楽しみにお出掛け下さい。

先日地元の新聞社さんに『世界の夢の本屋さん2』ご紹介頂きました。
たくさんの方に見たよーと声を掛けて頂いて嬉しいやら恥ずかしいやらです。
また今月末発売の地元雑誌「Lazuda」さんでもご紹介頂くようです。そして今日は商工会議所さんの取材も。
これを機に一人でも多くの方にお店を知って頂けたら嬉しいのですが・・・。

最後に「ミシマ社」の最新刊をご紹介。
『THE BOOKS 〜365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』
全国各地365人の書店員がおすすめの本を一日一冊ご紹介しています。全国の本屋ガイドも付いているので、本屋巡りをするもよし、おすすめ本を片っ端から読み漁るもよしです。ちなみにアルトスも書かせて頂きました。店長は何をおすすめしているでしょうか。ぜひ店頭でご覧下さい。それにしても書店員さんの文章も色々でそれを読んでいるだけでも楽しめます。直筆の手書きキャッチコピーにもご注目下さい。
掲載された本も売れて、お客さまがその本のよさに触れて、また別のおすすめ本も読みたくなる。そんないい流れができれば本屋として嬉しいことはありません。本を読まない人にも読むきっかけになればさらに嬉しいです。ぜひご覧下さい。

今月のお休みはまたまた不定休となっております。
8月15日・16日・26日 お休みさせて頂きます。お気を付け下さい。
尚、お休みの日はオンラインショップの対応も出来かねますので、ご了承下さい。
ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いします。



posted by artos at 15:32| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする