2011年03月14日

お見舞い

おはようございます。

まずはこの度の震災で被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。

毎日毎日、テレビに映し出される被災地の様子は、自然の恐ろしさを知るにはもう十分過ぎるほどです。上手く言葉では表現できません。
私達の日常がどれだけ平穏で幸せなことか、そんな事を思う事さえ罪悪感を覚えてしまいそうです。
ただ、ツイッター上でも叫ばれていますが自分たちにできる事はできる範囲で行うこと、目の前の事をいつも通りこなして行く事が大切なのだと、気持ちを切り替えていくことが大事だなと思い始めています。

昨日の定休日には一日中パソコンを閉じていました。今朝開いてみて、ツイッターでのツイートの多さに驚いてます。
様々な情報が数えきれないほど、流れています。
みんな何かできないかと居ても立っても居られない気持ちで溢れています。
昨日も携帯メールにたくさんの支援活動に関する一斉メールが回ってきました。
松江市内でも至る所で、支援に関する動きが始まっています。
ただ、間違った情報や母体のわからない義援金集めなども実際に行われたようです。
もちろん善意の気持ちには変わりがないのですが、その情報を受け取る際には私達自身がまず落ち着く必要があるのだなぁと実感しました。
(実際メールを受け取ってすぐ、家中の新品の生活用品をかき集めてしまいましたが・・・・)

そして、今朝リツイートさせてもらった糸井さんの言葉にある通りだと思いました。
『「人」と「もの」と「金」が必要になると思います。人とものは、必要な場所に運ぶことにコントロールが要ります。バザーのようになってしまっては困ると思うのです。いまは「道」も足りないのです。金の用意をしましょう。金でさまざまなものをまとめて買えます。』
やはり募金が一番なのかもしれません。

被災された方々が一日も早く回復に向かわれますように、心からお祈りしたいと思います。

地震が起きた時間帯にちょうど店番日記を更新していました。
その頃はまだ事の重大さに気づかずにいましたが、かわいい人たちが入荷しています。
よかったらご覧下さい。

さあ、今週もがんばって行きましょう。
生かされていることに感謝して。








【関連する記事】
posted by artos at 12:09| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうコメントしたらいいかもわからないいまま、なのですが。

店番さんのおっしゃる通り

被災しておられる方々のことを思うこと、

冷静に自分のできる形で、支援をすること、

自分自身の生活でやらなければならないことを誠実にこなすこと、


を、していこうと思いました。
あくまで私個人のことですが・・・。

本のこと、ありがとうございました!!
また、お邪魔しますね。
Posted by ギック at 2011年03月14日 13:05
ギックさん
先日もありがとうございました。
連日、被災地の報道に心が痛みますよね。
でも日本は数々の困難を乗り越えてきた最強国だとと思うので、きっときっとまた立ち直れると信じましょう。

またお待ちしています!
Posted by 店番 at 2011年03月16日 11:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。