2014年03月08日

春のお茶時間

「春のお茶時間」はじまりました。
アンシャンテさんの紅茶と昵懇さんのフランス菓子がずらりと並んでいます。
P1090850.JPG P1090854.JPG
紅茶は全部で6種類。スパイスやフルーツがたっぷりのフレーバーティーからシンプルでナチュラルな風味の紅茶までご用意しました。とにかく香りがいいので、色々と楽しんで頂きたいです。
焼き菓子は全部で8種類。厳選された素材で作られた大西さんのお菓子は風味豊かでしっかりとしたお味なのですが、後味がすっきりしています。一つ食べたら何とも言えない幸せな気持ちになれるお菓子です。
こちらのイベントは16日(日)まで開催しています。期間中14日(金)は店休日となりますのでお気を付け下さい。

そしてこちらもお茶時間的なうれしいご案内です。
出版社「ミルブックス」さんがこの春10周年を迎えられます。それを記念してはじめてとなるオリジナルグッズを発売。アルトスでも販売させて頂くことになりました。
P1070503.JPG P1080256.JPG 10thkan.jpg 
書籍『はじめてのコーヒー』と『はじめての紅茶』の2冊にちなみ、コーヒー豆と紅茶の保存に便利な缶を製作。両書のイラストレーションを手がけた福田利之さんがミルブックスをイメージしたイラストの描き下ろしです。
■保存缶 Mサイズ 1 ,000円+税 (写真左)
高さ118mm×直径95mm 色は白

■保存缶 Lサイズ  1 ,200円+税 (写真右)
高さ151mm×直径112mm 色はピンク

setimg.jpg bagimg.jpg
また、10周年を迎える4月は桜の季節なので、数量限定で「サクラセット」も企画。デザイン缶(Mサイズ)とランチトート、それにコーヒー豆と紅茶葉が一緒になったよくばりセットです。

■ミルブックス10thサクラセット  2 ,700円+税
「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」バージョンまたは「アアルトコーヒー」バージョンのどちらか。コーヒー豆の種類が違います(豆以外は同じ内容です)。
写真はアアルトコーヒーバージョンですが、コーヒー豆と紅茶葉のパッケージデザインが多少変わる場合もあります。

*コーヒー豆:カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ
エルサルバドル  サン・カルロス ワイニー(中深煎り)100g入
果実のような香りは控えめですが、ナッツのようなコクを感じます。後から控えめに果実のような風味が広がります。
または
*コーヒー豆:アアルトコーヒー
タンザニア キリカフェ農園(中深煎り)100g入
どっしりとした重みがありつつ軽やかな果実のような酸が残るクリーンなコーヒーです。寒かったり暖かだったりする時期にぴったり。

*紅茶葉:テテリア 20g入り
インド・ネパールの良質な紅茶を中心に、ミルブックス10周年のためにブレンドした特別な紅茶です。やわらかな日差しに映える淡いテイストです。

*福田利之デザイン保存缶
高さ118mm×直径95mm Mサイズ(色は白のみ)
保存缶は創業110年の浅草橋の老舗製缶所「加藤製作所」の職人によるハンドメイドです。中蓋もついているので、気密性もばっちり。コーヒー豆約200gまで保存可能です。コーヒーや紅茶の保存だけではなく、乾物を入れたり、細々した道具を入れたり、いろいろな使い方ができます。

*ランチトート
サイズ:天地200mm×左右300mm×マチ100mm
12オンスの帆布生地のしっかりとしたトートバッグの真ん中に、缶と同じ福田利之さんの絵が桜色でプリントされています。マチがしっかりあるので見た目以上にたくさんのものが入ります。写真は水筒、手帳、財布、携帯、iPad mini、手拭いを入れてみましたが、まだ少し余裕があります。

■お申し込み方法
いずれの商品もご希望の方は予約を賜りますので、店頭またはお電話でお申込下さい。
セットの場合はどちらかをお選び下さい。
セットA) 「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」バージョン
セットB) 「アアルトコーヒー」バージョン

3月最終週あたりに店頭でお渡しをさせて頂きます。
予定数になりましたら締め切りさせていただきますのであらかじめご了承ください。
今年の春はこのセットと共にお花見を楽しんでください!

実はアルトスもこの春(4月3日)リニューアルオープンから9年を迎えます。
毎年特別な事をしているわけではないのですが、なんだか今年は思いもよらない事がおこりそうです。
アルトス的にはかなりのサプライズをみなさんにお届けできるのではないかと思っていますので、どうぞお楽しみに。






【関連する記事】
posted by artos at 22:12| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック