2017年06月04日

おすすめ

やる事はたくさんあるけれど...風が気持ちいいのでお店のドアを全開にして、先日入荷した『ことばのしっぽ』を読んでます。

『読売新聞』の名物投稿欄、生活面の「こどもの詩」が、この春50周年を迎えて精選され一冊に。
いつの時代も変わらない子供たちの心の声にくすぐられます。
こちらは1989年に掲載された4歳の男の子のことば
「とけい」
もうちょっと
ゆっくりの
とけい
かいたい
朝の支度を急かされての言葉だけど
年々そう感じる大人もまた同じ....笑

posted by artos at 15:39| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする