2017年12月21日

おすすめ

『ぼくの伯父さん』(つるとはな刊行)
没後20年を機に、単行本未収録の優れたエッセイを、伊丹十三記念館の全面協力を得てまとめたもの。四半世紀ぶりの伊丹十三の新刊です。お正月にゆっくり読みたい一冊。

25630329_1474131406028754_1365699685_n.jpg

イラストレーター、長場雄さんの2014年から現在までの作品、約800点をまとめたアーカイブ『I DID』発売。雑誌『POPEYE』の表紙をはじめ、BEAMS、東京メトロなどクライアントワークも収録。シンプルな描線に心をくすぐられる作品集はプレゼントにもおすすめです。

25593734_1474131426028752_981386241_n.jpg

『キツネと星』森に住むキツネは、夜空にかがやくたったひとつの星がともだち。ある日、その星がいなくなり、さみしくてたまらないキツネは、勇気をだして星を探しに出かけます。さよならがはじまりになる、あったかいお話です。装丁も布で箔押しで素敵☆

25627619_1474132049362023_343916490_n.jpg

posted by artos at 00:00| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする